どのようなものでも正しい手順や方法があり、それらは効率的であり最も適した方法であるものが多いです。


コーヒーや紅茶なども煎れ方には正しい手順があり、正しい方法でいれることによりおいしいものを飲むことができます。

エキサイトニュースがさらに話題になりそうです。

ドリップコーヒーもただお湯を注ぐだけでなく、正しい煎れ方があるので手順を覚えておいしい煎れ方をマスターしましょう。ドリップコーヒーにはペーパードリップ式とネルドリップ式の二種類のドリップ方法があります。

しかしどちらにも共通する注意するポイントがあり、それはコーヒーの粉が新鮮なこととドリッパーとサーバーを温めておくことが見逃しがちな点になります。

コーヒーの粉が新鮮なものが必要なことはコーヒーは時間がどんなに丁寧に保存をしていても味や風味は落ちていくため、できるだけ新鮮なものを使用することがおいしいコーヒーを飲むには必要なことになります。

ドリップコーヒーの様々な相談を受けることができます。

そしてドリッパーとサーバーにお湯を注いで温めておくことにより、フィルターをセットしてお湯を注ぐときにお湯の温度が下がることを防ぐことができます。



ペーパードリップでの手順はペーパーフィルターをしっかりと折り、ドリッパーにセットして人数分のコーヒーの粉を入れます。


粉を平らにならし粉の表面全体が湿るまでお湯を注ぎドリッパーから数滴落ちたらすすぐのをやめ、二十秒ほど蒸らします。

蒸らし終わったら五百円玉くらいの大きさでのを描くようにお湯を注ぎ、ふっくらと盛り上がってきたらその高さを維持するように注ぐお湯の量を調節しながら人数分の量が抽出できたらサーバーを外し温めておいたカップに注ぎましょう。

ドリップコーヒーは入れ方で味も違ってくるため、自分がおいしいと感じる煎れ方を覚えましょう。